正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け

ゑみやチャンネル

Produced by ゑみや洋服店

以前のブログで麻のシャツをオーダーします!とのことでしたが、

完成したので早速着てみました!

 

絶賛フィッター修行中の経免です!

 

ではこちら!!!

 

IMG_0349

 

ライブで着たかったんです(笑)

 

 

麻のシャツでスポットライト浴びるとどうなのかなー

という不安もあったのですが熱もあまり籠らず肌触りもよくて楽でした。

 

写真で見ても麻ならではの生地感がよく見えていいですね。

あと、やはりオーダーならではのジャストフィットはほんと気持ちがいいです。

多少ゆとりを持った方が動きやすいかと思っていましたが全然そんなことはなかったです。

 

袖も綺麗にフィットしているので

弦に触れてしまって音が止まってしまうこともなく、いつも通りのプレイができました。

IMG_0211

ここまで気持ちいいとライブ毎にシャツが増えていきそうです、いやほんと笑

もちろん今回の2Pフェアでもしっかりお仕事用のシャツも作っていますが、

こういうプライベートならではのカジュアルシャツも

積極的に自分のコーディネートに取り入れていきたいです。

 

そして音楽好きなお客様、ぜひお集まりください!

ええシャツ作りますよ!

 

経免でした!

Posted by ゑみや洋服店 at 14:25 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

世界にたった10台しか制作されていないボンドカーがあるのです。

 

こんにちは007大好きスタイリスト 江見真也です

 

さて、歴代のジェームズ・ボンドが乗るビークルはアストン・マーティンをはじめ、

ラグジュアリーでありながら

猛烈なパワーを持ったスポーツカーが選ばれることが多いですが、

通常はその時代に合わせた市販されているビークルが登場します。

 

ところが、最も直近の作品「スペクター」で登場したボンドカー、

アストンマーティンDB10は他のボンドカーとは違います。

↑劇中Qとのやり取りからのローマでのカーチェイスのシーンをお楽しみ下さい。

 

このDB10は実はアストン・マーティンが「007スペクター」用に10台のみ生産した、

全く市販がされていない特別なビークルなのです。

 

この10台の内8台は前回のブログでお話した通り

ローマのシーンでのカーチェイスに使用され大破したものも多いそうです。

 

では、あと2台はどこに?

気になりますよね?

 

1台はプロモーション用に使用されたそうで、

映画のPRのために大活躍したそうです。

 

そして最後の一台は…

実は2016年2月18日にロンドンのクリスティーズにおいて開催された、

チャリティー・オークション「James Bond SPECTRE: The Auction」に出品され、

落札されました。

Aston_Martin_DB10_2015

購入のチャンスがあったのはこのオークションの1台のみ。

その世界唯一一般人が手に入れることのできるDB10の落札価格とは…

 

なんと210万ポンド!手数料を入れると2,434,500ポンドとなります。

ポンドで言われてもピンとこないでしょうが、

当時のレート166円で計算すると、なんと4億円以上の価格がついたのです!

Aston_Martin_DB10_2015_-_rear

ちなみにこのDB10の主要諸元は

6速マニュアルで4.7リッターV8エンジン。

全長4410ミリ、幅2109ミリ。

色は「スペクター・シルバー」。

外装はカーボン・ファイバー。

だそうです。参考まで(笑)

 

ここでこのビークルにまつわるもう一つのトリビアですが…

 

実際にアストン・マーティンの職人がハンドビルドした

素晴らしい作品といっても過言ではないビークルで、

3.2秒で時速100kmに達するモンスターマシンです。

 

ところがあくまでも映画撮影用に作成したビークルであり、

通常の市販車を創るための工程を踏んでおらず、

すなわち、公道で走るための許可を一切得ていない、

そして、通常の販売モデルなら必須な耐久テストなども受けていないので、

一切公道では乗ることは不可能であり、

私有地を走らせるか、眺めるしか無いビークルなのです。

 

そんな、街を走れない4億円のDB10

一体どんな人が落札したのががとっても気になる今日このごろです。

Posted by ゑみや洋服店 at 13:51 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

007マニアにはたまらないゑみや洋服店秘蔵の超激レアな007グッズご紹介します。

 

こんにちは!007大好きスタイリスト江見真也です。

 

さて今日もゑみや洋服店の007ミュージアムより、

超激レアグッズをご紹介しちゃいます。

 

最新作007スペクターの劇中では様々なカーチェイスが繰り広げられます。

その中でも夜のローマで繰り広げられたカーチェイスは最も激しいものでしょう。

この時登場するビークルは、

ジェームズ・ボンドが駆るシルバーの「アストンマーティンDB10」と、

超肉体派なボンドの強敵ヒンクスが駆るメタリックオレンジの「ジャガーC-X75」

↑まずはロケの風景を御覧ください。

 

ビークルの話はまた別の機会に話すとして、

この深夜のローマの街を通行止めにして行われたロケは、

かなり大規模で、なんと8台のアストンと7台のジャガーが使われたそうだから驚きです。

 

さて今回のレアグッズは、

敵役のヒンクスが運転するジャガーC-X75!!!

 

 

のキーチェーンです(笑)

IMG_20170625_161134599

どこにでもありそうなキーチェーンですが、どこがレアなのか…

 

このキーチェーンは当店のお客様で、

大のボンドフリークな田中様よりいただいたもの。

今回のスペクターで初めてオフィシャルパートナーとなった、

ジャガー・ランドローバー社が行った封切りよりも1ヶ月以上前に行われる、

特別試写会でプレミアムとして配られた非売品!なのです。

大切なことなので繰り返します。

非売品!なのです。

 

「非売品」なんと素敵な響きなのでしょうか(笑)

 

特別試写会に招待され、参加した人のみがもらえるキーチェーン。

超レア具合がお分かりいただけたでしょうか?(笑)

 

これがその特別な招待状!(ボクが招待されたわけではないので念のため)

IMG_20170625_161339686

小さいながらずっしりと重いシルバーボディ。

IMG_20170625_161134599

裏面には007の刻印と、Jaguar Land Rover Ltd.の文字

IMG_20170625_161117836

こんなしっかりとした化粧箱に…

IMG_20170625_161207794

このように収められておりました。

IMG_20170625_161237363

大きさはコレぐらい。

IMG_20170625_161146708_BURST000_COVER_TOP

 

そんな貴重なキーチェーンを気前よくプレゼントいただいた田中さまありがとうございます。

実はコレ以外にもいろいろいただいちゃってますが、ボチボチご紹介しますね〜

 

というわけで、今日も商売に全く関係のない007話でした〜(笑)

 

店頭奥のコーナーに展示してますので見に来てね〜

Posted by ゑみや洋服店 at 16:44 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

年に2回のいつも大好評のオーダーシャツフェア、やります!

来る秋冬のためにも今から仕込んでいきましょう!

期間は2017年6月24日(土)~7月23日(日)

 

シャツフェア

 

もちろん襟型や袖口も選べますし、ボタンや刺繍など普段のオーダーと変わらないオプションも充実しています。

是非お得なこのフェアをご利用ください!

 

内容としましては、パターンメイドシャツの2枚組フェアとなり今回も生地メーカー様にご協賛をいただき、ビジネス用シャツ生地を中心に200点以上ご用意させていただきました!

秋冬に向けてビジネスで、またはプライベートで活躍するステキな「モテる」シャツをお得にご注文ください。

・国産生地パターンメイドシャツ2枚組(レディースシャツも可)¥16,800+Tax

・有名インポートブランド生地(CANCLINI、LEGGIUNOなど)パターンメイドシャツ2枚組(レディースシャツも可)¥26,800+Tax

※フェアでご注文いただきましたシャツの出来上がりはご注文より2か月程度の納期を頂戴します。
※着分生地のため、サイズにより作成ができない場合がございます。
ご来店おまちしています。

 

経免でした〜

Posted by ゑみや洋服店 at 13:10 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

007大好きスタイリスト 江見真也です。

 

007シリーズを語る上で外せないのが「ボンド・ガール」の存在です。

ボンドを助け、ときには窮地に陥らせたりする魅惑の存在。

 

毎回、ボンドガールを楽しみに映画を観る方もいるのではないでしょうか?

(もちろんボクもその一人ですが(笑))

 

過去には日本人をはじめ、様々なタイプのボンドガールが登場しますが、

勝ち気で、知的な美女が多いように思います。

そんな勝ち気で男前的な美女たちを

ボンドは力強さと魅力で虜にしていく当たりは痛快です(笑)

 

さて、そんなモテ男の代名詞とも言える、ジェームズ・ボンド。

シリーズ24作品すべてでモテまくる?わけですが、

その中でも最もモテたジェームズ・ボンドが存在します。

 

そのジェームズ・ボンドとは一体誰なのか!?

ボンドシリーズ第6弾「女王陛下の007」のジェームズ・ボンドなのです。

o0400056513381112052

ただこの一回だけジェームズ・ボンドを演じた

ジョージ・レーゼンビーがボンド役を引き受けた作品で、

この作品の前後はショーン・コネリーがボンド役でした。

George Lazenby as James Bond in ON HER MAJESTY'S SECRET SERVICE, 1969

このジョージ・レーゼンビーは知名度では最も低いボンド役者でしょう。

実は全くの演技経験の無い元ファッションモデルから大抜擢された役者だったのです。

歴代ボンドの中でも最も若い(当時30歳)役者で独自の世界観を表現したボンドでした。

 

劇中モテ男のボンドも本気で恋におちる、当時の007シリーズとしては珍しい展開で、

シリーズの他の作品では通常2〜3人の女性と関係を持つのが普通なのですが

この作品に至ってはメインのボンドガール以外に8人の美女が登場し、

また、ボンドはそのすべての女性と関係を持ったような描写が出てくるから凄い(笑)

 

シリーズ24作品の内最もモテたジョージ・レーゼンビーボンド。

劇中ではモテたようですが、

スター気取りで共演者との不仲や

自ら降板したなど

いけ好かない態度はあまりモテていなかったようですね。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

Posted by ゑみや洋服店 at 14:42 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)