正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け

ゑみやチャンネル

Produced by ゑみや洋服店

「レオさま」って誰?
とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、

レオさまといえば…レオナルド。
そう、レオナルド・ディカプリオ!

本日公開のロードショー
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
アカデミー賞®最有力候補!! 貯金ゼロから年収49億円。
<欲>を売り<夢>をカネに換えた男の、
仰天人生エンタテ­インメント!
の主演俳優「レオさま」なのです。

↓予告編はコチラ

この映画は実話を元に作成されたらしいですね…

そんな劇中でレオさまが着用しているスーツ生地が
見るからに上質そうな、
ネイビーのチョークストライプのフラノ生地

そんな生地が実はゑみや洋服店の取り扱いブランド、
「H.レッサー&サンズ」というブランドの
最上級生地だということを突き止めました!

その名も「ラムズ・ゴールデン・ベール」
「黄金をまとった羊達」とでも訳しましょうか…

聞くだけで凄そうな生地だと思いませんか?

という訳で、公開にあわせ、
スーツ一着分ではございますがご用意させていただきました!
ソレがこちら↓

↑素晴らしい深みと抑えられた上品な光沢…

さて、この生地について少しだけ触れると…

「ラムズゴールデンベール」とは
ウールを創る羊の中でも、過去に絶滅したとも言われた、
スペインのエスコリアル修道院のみで飼育されていた、
小型で繁殖力が弱く、出生率も低い羊「エスコリアル種」

その飼育が難しい羊を育てた牧羊業者に贈られる賞が
「ゴールデンベール賞」なのです。

現在スペインにはこの種の羊は一頭も飼育されておらず、
絶滅したとも言われていたそうですが、
かつてスペイン王国が他国へのプレゼントとして、
この羊を贈っていたものが偶然見つかり、
現在ではその純血種がニュージーランドで5万頭のみ飼育されています。
(5万頭は世界の羊の数の1%未満)

原毛はカシミアの半分の軽さで、
生産量も少ないため、カシミアよりも希少なウールなのです。

そんな希少なウールを1mあたり330gも打ち込んでいるので、
その贅沢さは想像以上!圧倒的な質感なのです。

カシミヤのような柔らかさと、
メリノウールのハリを同時に備え、
ふんだんにウールを打ち込むことで、
重厚感安心感も両立している素晴らしい生地です。

今回このレオさまとお揃いのスーツ生地、
一着分ではございますが、
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」公開記念
レオさま同等に仮縫い付きのスペシャルなお仕立てにて
特別価格で作成させていただきたいと思います。

とはいえ決して安くない価格なので、
興味がある方はゑみや洋服店までお問合せ下さい。

↓ちなみにこれがレオさま仮縫いの写真です。

スーツ一着分のみの販売です。
見に来て触るだけでも値打ちありますよ!

Posted by ゑみや洋服店 at 14:14 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

フィレンツェの中心部より少し離れた場所に
ホテルマニフィコは佇んでいる。

フィレンツェの街は小さな街なので、
離れたといっても中心街から徒歩で15分程度である。

まずは大きなスーツケースを置くために、
空港より直行で訪れたのである。

イタリアのホテルには設備と施設の有無により、
1~5個の星の数で分類される。

あくまでも設備と施設の評価なので、
サービスの良し悪しでは無いそうである。

今回3日間お世話になるホテルは4ツ星
高級ホテルに分類されるらしい。

ヨーロッパならではの石造りの重厚な建物で、
エントランスも天井が高くアーチが美しい。

↑ホテルのエントランス前。


↑こういうしつらえがヨーロッパらしい!

エントランスを入ると小さな受付けのカウンターがあり、
そこでチェックインを済ませると部屋に案内される。

エントランスのある建物を抜けると、
中庭があり、その先の離のような建物に案内される。

↑駐車場もかねている中庭

案内された部屋は、天井も高く、
いかにもヨーロッパ的な素敵な部屋!

確かに寝るだけの部屋ではあるが、
快適な3日間になりそうである。

Posted by ゑみや洋服店 at 08:00 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

2月の店休日は…

5日(水)
12日(水)
19日(水)
26日(水)

img_9303.JPG

営業時間は10:00~19:00となっております。

皆様のご来店を心よりお待ちしています。

ゑみや洋服店

Posted by ゑみや洋服店 at 10:00 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

定刻を1時間ほど送れて飛び立った、
フローレンス行きAF1366便

出発は1時間遅れたものの、
到着した時間は30分遅れ…
道中だいぶ飛ばしたものと思われる(笑)

昨日の乗り継ぎ失敗などの出来事で、
関空を出発する際に預けたスーツケース
ちゃんと出てくるか一抹の不安はあったのだが、
間違いなく届いており一安心。

こうしてとてもとても遠く感じたイタリアの
フローレンス空港に到着したのである!

↑ようやくたどり着いたフィレンツェ

ちなみにこのフローレンス空港は、
いわゆる地方空港なので、
空港内の景色もこんな感じ。

↑フローレンス空港のパノラマ写真(クリックで拡大)

空港からフィレンツェ市内までは、
タクシーを利用すると約20~30分
定額料金の20ユーロと荷物一個につき
3ユーロが加算される。

タクシーに乗り込み、
行き先の4ツ星ホテル
「Lorenzo Il Magnifico(ホテルマニフィコ)」を伝え、
荒っぽい運転のタクシーで市内を目指すのである。

↑ホテルマニフィコのサイン★★★★

ちなみに乗ったタクシーの車種は、
トヨタプリウスであった。

さて、いよいよイタリアでの視察が始まるのである。
到着したこの日が1月7日。
翌日1月8日は今回の旅の最大の目的
「ピッティーウォモ」の視察
そして1月9日の一日を過ごし、
翌10日の早朝には帰路に着くことになる。

丸二日と半日しかないフィレンツェ滞在を
思う存分堪能しようと心に決めるのである。

Posted by ゑみや洋服店 at 08:00 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

思いがけずフランスでの宿泊が出来た?
仕立屋二人組みはいよいよ
イタリア、フィレンツェに向う。

早朝のシャトルバスを乗り継ぎ、
一路あの「Gターミナル」へ…

もう、すっかりベテランのイキである。(笑)

ところで、フランスでもシャルルドゴール空港のある場所は、
かなり緯度が高く、この時期(1月7日)は
9時ごろまで太陽が昇ってこない。


↑Gターミナルからのご来光。8時57分撮影

この日ばかりはかなりの余裕をもって
空港に到着していたのだ。(当たり前か…)

そして乗るべき飛行機は
10:00出発の「フローレンス」行き

ゲートも決まり、

何事も無かったかのように、

小型ジェット機に乗り込み、

イタリア、フィレンツェを目指すのだった。

そしてまた、飲むのであった(笑)

約2時間の空のたび。

実はこのフライトも1時間遅れで出発…
ダメだこりゃ(笑)

Posted by ゑみや洋服店 at 08:00 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)