正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

今回のUK訪問は視察と仕入れの旅なのだが、

初日が日曜日ということもあり、いきなりのオフから始まる(笑)

 

というか、この日曜日を狙って渡英したというのが正直なところである。

 

7月2日の日曜日に一体何が行われているのか?

 

我々が滞在したロンドンより南。

特急列車とローカルな電車、そしてバスを乗り継いで

片道約2時間半ほどかけて訪れたのが、

ウエストサセックスにあるグッドウッドという田舎町。Screenshot_20170720-161737

↑ご覧の通りかなり遠い場所までの遠征(右上がロンドン)

 

そこで6月29日〜7月2日の4日間開催されているのが

グッドウッド フェスティバルオブスピードというイベントである。

 

世界各国の新旧合わせたレーシングカーが集まり、

多くの自動車愛好家が世界中からやってくる、超ビッグなイベントなのである。

 

この、フェスティバルが行われる会場は、

リッチモンド公爵家の広大な私有地で行われる。

 

ちなみにリッチモンド公爵家はこの広大な土地に

カントリー・ハウスや牧草地、リゾートホテル、ゴルフコース、グッドウッド競馬場、

グッドウッド・サーキット、チチェスター・グッドウッド空港などを所有している。

 

その中のグッドウッド・サーキットがこのイベントの開催場所なのである。

 

というわけで、朝食をRACでさっさと済ませると、

ビクトリア駅に急ぎ、特急列車に飛び乗る。IMG_20170702_091619981

 

↑ビクトリア駅での写真

 

 

 

DSC02722

↑乗り換えたブライトン駅

ブライトン駅からは超ローカルな各駅停車の電車に乗り換え約1時間、

のんびりとした電車はチチェスターの駅に到着する。

 

このチチェスターの駅がグッドウッド・サーキットにはもっとも最寄り駅。

このイベントは4日で20万人も動員するおばけイベントだけに

さぞかし駅も混み合っていると思っていたが、そんな雰囲気はまったくなく…

 

会場までは専用のダブルデッカー(2階建てバス)が出ており、

そのバスのチケットを購入し、乗り込むも、われわれ以外には誰も乗っておらず、

なかなか発車しない…

 

不安になりながら待つこと20分、ようやく次の電車が着き、

数名の乗客が乗り込んで来たのでようやく発車。

 

駅周辺はチチェスターの街であるが、バスは街を抜けどんどんと郊外に向けて走る。

30分ぐらい走っただろうか、はるか向こうの丘陵地に

フェスティバルオブスピードのオブジェと膨大な数の駐車車両が見えてきた。

 

なるほど、自動車の祭典には車好きが集まるのだから、

当然自家用車で来る人が多いのである。

 

また、4日間開催され、通し券も販売されているので

何百台ものキャンピングカーが止まっていた。

おそらく寝泊まりして4日間楽しむのであろう。

 

妙に納得していると、バス会場に近づき細い道を器用に走り、

会場の入り口にたどり着いたのだった。

 

DSC02726

 

いざ、グッドウッドフェスティバルオブスピード!

って最高のお天気やん!(^^)

 

つづく

Posted by ゑみや洋服店 at 17:43 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

Comments are closed.

この記事へのトラックバック