正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

02:共鳴

2016年07月04日

スタッフとの海外研修の決断をしたので、早速今年も行動を共にするであろう仕立屋仲間にその旨を連絡することにした。

実は昨年の帰りの機内では、すでに近い将来スタッフを連れていきたいという話をしていた。
そして彼らも、同じ気持ちで盛り上がり前回の旅を終えたように記憶していた。

そして、ゑみや洋服店は海外研修という形で、思い切って店を臨時休業してスタッフと共に行こうと思うと伝えたところ、「じゃあうちも閉めて行くわ!」とあっという間に3店舗のオーナーが1週間の臨時休業を二つ返事で決定したのだった。

まさに共鳴である。

0028_original

↑2015年6月の写真

 

想いを同じくした、同い年の仕立屋仲間。
本当に素晴らしい仲間を持てて幸せだと心から思った瞬間であった。

結局ゑみや洋服店の3名を合わせ今回は8名でのイタリア出張と相成ったのである。

ここまで決定すれば話は早い!

旅行代理店に勤めている義姉にチケットの手配他をお願いすると、いつもは関西国際空港より昼便にて出国していたが、夜便はいかがなものか?と羽田発のプランを提案いただいた。

羽田までの移動は余分になるが、夜便は時差の影響を受けにくいので、これは試してみる価値あり!とそのプランにてチケットの手配をお願いしたのである。

後になってこの選択が神がかり的にスゴイ選択であったことは、この時は知る由もない。

というわけで、プランはこうだ。

2016-06-14 08.17.52

我々は神戸から羽田へ飛んで出国、エアフランスにてパリ、シャルルドゴールへ。
パリから乗り継いでフィレンツェには午前中に到着する予定である。

伊丹空港を19:30に出てフィレンツェに翌日9:05なので13時間25分意外と近い…ではない。

お気づきだとは思うがもちろんイタリアと日本には7時間の時差がある。

ということは、到着の時刻は日本時間に直すと16:05…乗り継ぎも含めて20時間25分の移動なのである。

 

さておき、夜便なら乗ってすぐにディナーが出され、一杯ではなく「いっぱい」飲んで眠りにつけば目が覚めればパリの近くまで飛んでいる…はずである(笑)

 

そんな算段をしながら、今回は自分一人だけではないので、スタッフのことも考えつつ出発に向け準備を進めるのであった。

すっかり気持ちはイタリアである(笑)

 

つづく

Posted by ゑみや洋服店 at 12:26 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

Comments are closed.

この記事へのトラックバック