正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

ビジネスウェアの定番と言えばスーツ。

そのスーツのジャケットやパンツのポケットに多くのモノを入れる男性が少なからずいる。

そのほとんどの方々の主張は「鞄を持つのが煩わしい…」からだとか。

 

では、実際スーツスタイルで外出するとして最低限必要なモノはどれぐらいあるだろうか?

 

まずは財布手帳ペンハンカチ携帯電話(スマートフォン)、車や自宅の鍵

どれだけ少なく見積もってもこれぐらいは最低持ち歩かなければいけないように思う。

 

これだけのモノをジャケットやパンツのポケットに押し込むことを考えてみる。

 

財布と手帳は内ポケットだろうか、ペンはペン差し、ハンカチはパンツの尻ポケット、携帯電話はパンツの脇ポケット、鍵は…

かなりの重量がジャケットやパンツにかかることがわかる。

それだけの重量がかかったジャケットはハンガーに吊っているだけでも型崩れが起こることは間違いなく、なおかつ着て動くとなるとは明らかに傷みも激しくなる。

 

それだけではなく、多くのモノを服の中に収めるためには、服と体の間に相当なゆとり量が必要となる。

モノを入れるためにゆとりを多くとったジャケットは、お世辞にもすっきりとカッコよく見えたりはしない。

必要以上に太って見え、体を動かすたびにモノの重さで洋服が振り回され、スマートな身のこなしからは程遠い印象を与えることになる。

 

結論として、やはりスーツのジャケットやパンツには原則モノを入れてはいけない。

せめてハンカチ程度に収めることがより軽い身のこなしにつながり、すっきりとした印象を相手に与えることができるのである。

 

小型のクラッチバッグやブリーフケースなどを上手に使い、鞄をカッコよく持つビジネスマンを目指していただきたいと思う。

 

 

Posted by ゑみや洋服店 at 18:55 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

Comments are closed.

この記事へのトラックバック