正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

さて、何気なく入ったピッツェリア「MATTOZZI」でナポリでの初ランチを頂いたわけであるが、メニューの表紙をみると「1833」の数字が見える。
IMG_2668_original

なんとこのお店の創業は1833年であり182年の歴史を誇る、超老舗ピッツェリアであった。

レッロさん(お父さん)とパオロさん(息子)で焼くピッツァもその長い歴史の上に存在しているのである。

そして、この店のオーナーレッロさんは「真のナポリピッツァ協会」の副会長であり、正しいナポリピッツァの普及活動を行っているという。
img045

特に息子のパオロさんは日本の「真のナポリピッツァ協会」にも何度か来日して、そのピッツァ作成のテクニックなどを伝えにやってきているのである。
045 (3)_original

そのパオロさんに頂いた「真のナポリピッツァ協会」の名刺がこちら⇓
IMG_6479

その名刺の裏がこちら⇓
IMG_6478
なんとカタカナである。

事務所の文字が「義」務所になっているのはご愛嬌である。

たまたまではあるがそんな老舗であり日本にも縁のあるピッツェリアに出会えたのも我々の運の良さだと思う。

けっしてサービスのレベルは語れるものではなかったが…

つづく

Posted by ゑみや洋服店 at 10:32 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

Comments are closed.

この記事へのトラックバック