正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

ナポリの現地時間は午前10時過ぎ。

太陽の日差しは日向にでると南国らしくジリジリと肌を焼く。
ところが、気温は高いのだが湿度がとても低いため木陰に入ると吹き抜ける風が心地よく、かいた汗もさらっと乾いていく。

とにかくナポリの街に出よう!

宿泊のホテルから1〜2分坂を登ると、ナポリのメインストリート「トレド通り」に出る。
抜群のロケーションである。
IMG_2658_original

トレド通りはこんな感じ
040 (3)_original

ナポリの街は港町であり坂の街。
地形だけで言うと神戸や横浜に似ているかもしれない。

ナポリ中央駅周辺のダウンタウンから、丘の上の別荘地まで、所得格差もあり貧富の差も激しい。

港の低い土地から緩やかに上り、大通りを超えると一気に登り始める。
IMG_2680_original

大通りにはひっきりなしにパトカーが巡回し、犯罪の抑止に力を入れているのがわかる。

この日は移動日ということもあり、予定がフリーなためお昼までの時間メインストリートをぶらぶらと散策する。

フィレンツェに比べて物価は安く、洋服店などでもかなり低価格の商品が多い(品質もそれなりだが…)

また、お皿を起き座り込む物乞いも多く見られる。
こんな物乞いも存在する。
IMG_2756_original

失礼、大道芸人とでもいうか…
まる一日浮いていることには変わりない。
IMG_2759_original

えっ!浮いている?!
さすがナポリである。

そんな街の散策をしているとあっという間に正午ごろ。
そろそろ腹の虫も鳴きだし、まずはナポリでの初食事に向かう

つづく

Posted by ゑみや洋服店 at 10:53 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

Comments are closed.

この記事へのトラックバック