正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

刺激的な時間だからか、あっという間に時間が過ぎ昼食の時間が近づく。
2015-06-16 14_original

ランチはひとまず会場を出て近くのお店に入ることにする。

近いほうがいいという理由で会場を出て5分ほど歩き見つけたお店に入る。

リサーチもせずに訪れたお店だったが、5人ということもあり奥の大きいテーブルのある部屋に通される。
492

道中も、そして席についてからも話題は展示会と洋服のことばかり…
それぞれ少しずつ趣向は違うとはいえ服好きには違いなく、刺激を受け話し出すともう止まらないのである。
パスタやサラダなどを食べたように思うがそれすら覚えていないほどだ(笑)

話に夢中であまり気に止めてもなかったのだが、このトラットリアにはよくよくみるとお客がひとりもいないのである。

ちなみにこのお店にボクが入ったのは12:30頃であったが、誰もお客はおらず我々がランチタイム最初のお客であったようだ。
131_original
12:30に誰もお客がいないお店…日本の感覚なら「このお店大丈夫か?」と思うところだが、実はイタリアのお昼休みは13時からであり、この時間にようやくオープンするお店も少なくないのである。

実際、我々が店を出る13:30頃には店内の席はすべてお客様で埋め尽くされていた。

また、身体が大きい人が多いにもかかわらず、日本のレストランに比べても店内の広さに対して椅子の数が多く、満席になると通路が通れなくなるほどになる。

ギュウギュウ詰めの店内をかき分けるように出ると、またPITTI UOMOの会場へと足を運ぶ。
IMG_2492_original
この日はこってり、朝から晩まで展示会に触れたっぷりと吸収する予定である。

さあて、腹ごしらえもそこそこに午後の部スタート!
どんな素敵な出会いがあるかとてもワクワクである。

つづく

Posted by ゑみや洋服店 at 17:13 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

Comments are closed.

この記事へのトラックバック