正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

上様でお願いします

2014年03月14日

ある日のこと、ゑみや洋服店のある水道筋商店街で、
頼まれごとでちょっとしたパーティーの食材を買いに
お店を巡っていた時のことです。

とあるお店で可愛い女性の店員さんが忙しそうに
レジに並んでいるお客様のお会計をしていました。

↑写真はイメージです。

ボクの番がまわってきたので、
商品を差し出し、袋に入れてもらいお会計…

ボク「あの、領収書頂いてもいいですか?」

店員「宛名はどういたしましょうか?」

ボク「『上』で結構です。」

店員「ハイ、かしこまりました。」

↓と頂いた領収書がコレ…

おお〜い『ウエ』って(笑)

もう、訂正するのも可哀想だったので
そのまま受け取って帰りましたが…

お店の名誉のため
店名は伏せさせていただきます(笑)

さて、領収書の「上様」
普段何気なく使っていますが、
あまり意味を考えたこともなかったので調べてみました。
————————————————-

領収書に書く「上様」とは、
もともとは中国の言葉で上様とは皇帝のことだった。

これが日本に入って将軍や偉い人を指すようになり、
やがて敬語になり、領収書にも上様と書かれるようになった。

————————————————-
と言うことは、
よくよく考えてみると
お客側から「上様でお願いします」
というのは非常に不自然ですね。

この「上様領収書」は税務上は一切経費と認められませんので、
覚書ならいざ知らず、
経費扱いにする場合は正式な名称で書いてもらいましょう。

Posted by ゑみや洋服店 at 19:05 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

Comments are closed.

この記事へのトラックバック