正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

フレグランスはせっかく良い香りなのに、
その使用方法を間違うと
せっかくの「香り」「匂い」になってしまいます。

会食などで他人のフレグランスの匂いで
せっかくのお料理やお酒が台無しになった経験はありませんか?
(つけている本人は気づかないものですが…)

そこで、今回はフレグランスの付け方をお話したいと思います。

良く雑誌などでフレグランスをつける場合、
手首の内側とか耳の後ろ
なんてことを良く書いています。

でも、男性のコロンの付け方としては、
あまりオススメしておりません。
(できれば女性もですが…)

なぜなら香りすぎるからです。
良い香りも程度を超すと臭いものです。

フレグランスはつけている本人は香りに慣れていくので、
香りに麻痺してつい付けすぎてしまうのですが、
これもまた「香り」を「匂い」にしてしまう原因の一つです。

どこからともなくほんのり香る
を目標につけることが大切です。

では、どのぐらいの量を何処につけるのが適切か?
ここがポイントです。

まずはフレグランスの量ですが、
基本的にはスプレーのワンプッシュで充分です。
(コロンによっては香りの弱いものもありますが控えめが基本です。)

では、何処につけるのか…
お腹から下の下半身につけるのがオススメです。
フレグランスは体温により暖められ、
香りになり下から上へと上がってきます。
何気なく身体を動かしたときにほのかに香ります。

そして、どのようにつけるかですが、
まずは…
「服の上ではなく素肌につける」
服にフレグランスが付くと素材により
変色やシミの原因になりますので、
素肌につけることが望ましいです。

「フレグランスの霧をくぐる」
直接身体にスプレーするのではなく、
目の前の胸の高さの空中にスプレーし、
空中に出来た霧の中を通るようにして身体に香りをつけます。
ワンプッシュで往復するぐらいでちょうど良いかと思います。

このようにして香りを身にまとってから、
洋服を着ることで洋服のフィルターで香りが緩和され
ふんわりした香りをほんのりと嫌味なく香らせることが出来るのです。

ここで店長江見の大好きなロクシタンのフレグランスを
独断と偏見でオススメします。

まずは大人の香り、
「ロクシタン ヴェルドン」
ベースはアクアティックノートという爽やか系ではありますが
ベルガモットの優雅な香りが後押しし大人の男を演出してくれます。
スーツスタイルにとてもオススメです。

そして男女問わず嫌味のないフレッシュレモンの香り
「ロクシタン ヴァーベナ」
ヴェルドンとは対照的にシトラス系。
フレッシュレモンをそのまま絞ったような爽やか200%な香りです。
スーツにはもちろん、どんな服装でも清潔感溢れる香りが邪魔になりません。
特に夏場にはオススメです。

Posted by ゑみや洋服店 at 15:00 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

Comments are closed.

この記事へのトラックバック