正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

前回はシャツに対する考え方とマナーをお話しました。

シャツは肌着であり、
ビジネスのシーンにおいて人前でジャケットを脱ぐのは
本来のルールではあり得ないというお話でした。

では、現在日本のクールビズでは当たり前の存在になっている、
半袖シャツはどのようにとらえられるでしょうか?

結論からいうと、ビジネスシーンにおいて
半袖シャツはあり得ない…というのが見解です。

半袖シャツのルーツはあくまでもワークシャツ(作業服)
もしくはカジュアルシャツであり、
英国発祥のビジネスウェアのドレスコードにはまずあり得ないアイテムです。

そうは言っても節電で「暑い」日本のオフィス事情。
そんな時は長袖シャツの袖を捲くることをオススメします。

半袖よりもスマートな着こなしであるだけでなく、
半袖シャツの上にジャケットを着用すると汗で汚れますが、
そこは長袖なので伸ばせばすぐに着られるのでどんな場面にも即対応できるのです。

実際のところビジネスシャツで半袖が売られているのは、
日本とアメリカぐらいのもの。

ヨーロッパの方から半袖シャツのビジネスマンは
遊んでいるようにしか見えないのです。

そう考えると半袖シャツにネクタイなんて、
とってもマヌケなスタイルですよね。

クールビズのルールで決まっているので
しかたなく着ている方もいらっしゃると思うので全否定はしませんが、
「あり得ないアイテム」でビジネスをしていることをご理解下さい。

Posted by ゑみや洋服店 at 11:07 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

Comments are closed.

この記事へのトラックバック