正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

スーツのジャケットの腰ポケットには通常フラップが付いている

このフラップは着用の際にはどのようにするのが
正しいのか、またスマートな着こなしなのか、
そのあたりを記事を書いてみたいと思う。

まずは礼装のタキシードやモーニングの場合、
下の写真のようにフラップが付いていない

実はもともとこのフラップは雨蓋(あまぶた)と呼ばれ、
雨などがポケットの中に入らないようにするための蓋なのだ。

なので礼装の衣装は室内着の想定なので、
雨蓋は必要のないのである。

スーツの場合は室外でも着用することを想定しているため、
一般的にはフラップは付いているのである。

なので、本来のモノの役割りから考えると、
外出時はフラップを外に出して雨や埃からポケットを守り、
室内ではフラップをポケット内に収納しよりフォーマルに…

となるのだが、
ゑみや洋服店流に言えば、正装の時以外の
スーツ着用時にフラップの出し入れに
それほど神経質になる必要はないのでは無いと思う。

乱暴な言い方をすれば、フラップを出そうがしまおうが
着る人が好きなほうで着こなせば良いと思う。

ただし、このブログに書いた、
ジャケットの腰ポケットフラップの役割りと着こなしを頭に入れ、
いざと言うときにルールにあわせることができ、
なおかつ、その理由を「サラッと語れる」ことこそ、
最高にクールなモテ・着こなしであると思う。

あくまでも「サラッと語れる」がキモであるが…(笑)
930

Posted by ゑみや洋服店 at 10:00 | コメントは受け付けていません。 | トラックバック(0)

Comments are closed.

この記事へのトラックバック