正しく楽しくかっこよく『ゑみや洋服店』がモテ術、ファッション、ローカルネタをお届け
Produced by ゑみや洋服店

大変お待たせしました!

ゑみや洋服店謹製!
「Bond model Suit」が出来上がってきました!
dsc00724.JPG

先月の1月19日にこのブログで「Bond model Suit」企画中!
なんて書いてからというもの、
たくさんのお問い合わせをいただきありがとうございます。
いやぁ~皆さんもジェームスボンド好きなんですね~
とっても嬉しく思います!
save0024.JPG←このスーツがモデルです。

私どもがいつもお創りする通常のスーツと違い、
今回はジェームス・ボンドに敬意を払い、
そしてデザイナーのトム・フォードにも敬意を払いながら、
細部までこだわった、「Bond  model suit(慰めの報酬モデル)」を完成させました。

こんなことをいうとお叱りを受けると思いますが、
私的には本物より良いかも・・・
あっ!冗談ですから、サラッと流してください(汗)

さてさて、こんな話はさておき、
今回のゑみや洋服店謹製
「Bond model suit(慰めの報酬モデル)」をご紹介します。

まずは生地ですが、
本物のジェームスボンドのスーツは、
光沢のあるマイクロヘリンボン(杉織り)の濃紺生地を使用しています。

そこで本物と見た目ができるだけ近い素材でありながら、
やはり「Bond model Suit」ですので、
耐久性と動きやすさを兼ね備えた生地を探して見ました

というわけで、今回「ゑみや洋服店」がセレクトした生地は
イタリア製ビエラ地区で丹念に織られた、
スーパー110’sのマイクロヘリンボン生地を選びました。

手触りも良く、光沢があり、柔らかで動きやすい、そんな生地です。

そして、細部のデザインも、
できる限り再現いたしました。

以下細部の画像とともにコダワリをご覧下さい。

『コンケープされた肩』
英国的なかっちりとした仕立を好むボンド。
今回のトム・フォードのスーツにも表現されていました!
dsc00711.JPG

『深いVゾーンとワイドシャツ』
どんなシーンにも対応する、
衿のアールがきれいに出たワイドシャツと
遠目で見ると無地に見えるジャガード織りタイ。
そのシャツとタイを引き立たせるのが、
段がえりの3ツボタンスーツ。
深いVゾーンは秘密兵器を取り出しやすくするためかも?
dsc00712.JPGdsc00724.JPG

『シェイプの利いたセクシーな腰まわり』
盛り上がった肩とは対照的に、
グラマラスなラインを描くウエストライン。
伝統的なデザインでありながら、Bondらしくセクシーに・・・
dsc00726.JPG

『ハイウエストでベルトレスなパンツ』
ベルトレスなので、両脇に設けられた
アジャスターでサイズを調整します。
紳士の装いを熟知したトム・フォードの
エレガントなデザインを採用させていただきました。
(アジャスターの形状がトムフォードの物とは
微妙に異なります。)
dsc00715.JPGdsc00717.JPG

『衿をおこせば・・・』
衿裏には通常、フェルトを使用しますが、
今回のスーツには表地を採用しています。
見えない部分にも手を抜かない。
これぞ、Bond model Suitです。
dsc00713.JPG

『袖口の存在感は目を見張ります』
袖口にはなんとボタンを5個並べ、
圧倒的な存在感を醸し出しています。
もちろん、本開き仕様!
dsc00727.JPGdsc00720.JPG

などなど、まだまだコダワリはありますが、
後はお店で確認下さい!

「Bond model Suit(慰めの報酬モデル)」
ゑみや洋服店謹製
dsc00728.JPG
生地・仕立・消費税込価格
¥100,000(限定数10着)
の驚きプライスでお仕立いたします。

なお、生地に限りが有りますので
10着限定とさせていただきます。
あしからずご了承ください。

なお、同時にネクタイとシャツをご希望の際は
モデルシャツとネクタイもご用意しておりますので、
ご注文時にお申し付けください。

「Bond model Shirt & Necktie(慰めの報酬モデル)」
ゑみや洋服店謹製

どちらもオーダーメイドでお創りします。
シャツとネクタイのセット価格で
¥30,000(限定数5セット)です。

どちらも生地に限りが有りますので限定販売となっております。

ご予約も承りますのでお申し付けください。

ご予約・お問い合わせは
フリーダイヤル 0120-86-2917 ゑみや洋服店
または
info@emiya.co.jp
まで。

あなたのモテるを創るゑみや洋服店

Posted by ゑみやチャンネル at 18:06 | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事へのトラックバック

コメント